福西内科クリニック 交通のご案内

循環器専門外来Cardiology

循環器専門外来のご案内

当院では、循環器専門外来を行っております。
聖マリアンナ医大循環器内科より担当医が定期的に詰めておりますため、質の高い診断・治療を可能としております。

代表的な循環器科の対応疾患について

心不全
心臓のポンプの働きが弱くなることで、全身へきれいな血液を上手に送れない状態になります。
これを原因とした様々な症状がでてきます。
腎不全
腎臓の機能が低下したせいで老廃物を排泄できなくなります。
その結果、体内に有害なものが溜まって様々な症状を引き起こします。
糖尿病
直接の内臓疾患ではございませんが、糖尿病を発端として心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化を原因とする病気を発症しやすくなります。
動脈瘤・動脈解離
大動脈が膨らんだり、壁が裂けることで起こる病気です。
大動脈の破裂や解離は非常に緊急性が高く、一刻も早い治療が必要です。
心臓弁膜症
心臓には4つの弁がございますが、こちらが炎症などで上手く動かなくなった状態です。
心臓の活動自体に大きな影響が出ることもあり、早くの対応が必要です。
高血圧
一般的には、慢性的に血圧が高いことを指します。
血圧が高いと血管への負担が常に高くなるため、内壁が傷ついたり動脈が固くなったりします。
動脈硬化
血管が固くなったり、脂質がついたりした結果、血管が詰まってしまう症状です。
心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなりますので、日頃からの予防が重要です。
心不全
心臓のポンプの働きが弱くなることで、全身へきれいな血液を上手に送れない状態になります。
これを原因とした様々な症状がでてきます。

担当医のご紹介

医師:原田智雄(はらだ ともお) 
循環器科 第2診察室担当医(第2・4水曜日)

経歴
昭和58年 聖マリアンナ医科大学卒業
昭和60年 同大学附属 東横病院 助手
平成3年 医学博士 取得
平成4年 米国マサチューセッツ州 ハーバード大学
Brigham and Women's 病院 循環器科研究医員
平成14年 聖マリアンナ医科大学 循環器科 講師
同大学附属 東横病院 内科副部長 救急医療 副センター長
平成18年 聖マリアンナ医科大学 循環器科 助教授
川崎市立 多摩病院 循環器部長
平成23年 聖マリアンナ医科大学 循環器科 部長・准教授
同大学 ハートセンター長
平成25年6月 聖マリアンナ医科大学病院 循環器科
病院教授 循環器科 心臓疾患全般と不整脈の診断の治療
認定・所属
日本内科学会 認定医
日本循環器学会 認定専門医 他

医師:樋熊拓未(ひぐま たくみ)
循環器科 第2診察室担当医(第1・3水曜日 午前中)

心臓疾患全般と狭心症・心筋梗塞 不整脈の診断と治療が専門です。

経歴
平成8年 弘前大学医学部卒業
同大学 医学研究科 大学院入学
平成12年 同大学院 博士課程修了 博士号取得
平成14年 弘前大学医学部附属病院 第2内科 医員
平成17年 同 助手
平成18年 同 呼吸器・腎臓内科 助手
平成22年 同 循環・呼吸・腎臓内科学講座  講師
平成23年 同 心臓・血管病先進治療学講座 准教授
平成28年 米国 ハーバード大学関連病院
マサチューセッツ総合病院 循環器科 留学
平成30年 聖マリアンナ医科大学 循環器科 准教授
平成31年
(令和元年)
同大病院 循環器科 副部長
認定・所属
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器病学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定専門医
日本心臓病学会上級臨床医

 

診療科目について

内科

一般的な風邪や発熱、頭痛、下痢、悪心、嘔吐などを始めとする諸症状に対応しております。
インフルエンザなどの感染症に罹った場合も まずはご相談ください。
 

消化器科

胃や腸など、消化器全般の症状に対応しております。中には油断ができない病気も存在しますので、軽い腹痛でも違和感があればお早めにご相談することをお薦めいたします。
 

循環器科

心臓や血管など、主に心疾患全般に関する症状に 対応しております。高血圧や不整脈といったものから心筋梗塞などの重い症状の前触れなどもございますため気になる症状はすぐにご相談ください。
ページ
最上部
TOP
PAGE
WEB予約