福西内科クリニック 交通のご案内

消化器科 Department of Gastroenterology

消化器科とは

主に食道・胃・小腸・大腸、肝臓や膵臓に関する疾患はこちらになります。
食道炎や急性胃炎、ポリープや潰瘍のほか、これらに関するがん検査などにも対応しております。

消化器は名前の通り、人の「食」に結びついた重要な器官です。
食べなければ生きていけない私達の健康を支えるのはこれら消化器で、消化器の不調は全身の不調につながることも多々あります。
また、非常に重い疾患も中には存在し、循環器と並んできちんとした健康管理と疾患への対処が必要となります。

代表的な消化器科の対応疾患について

腹痛
腹痛自体は非常にポピュラーなものではございますが、原因も様々で素人判断が難しい症状です。
単純な下痢などであれば大きな問題にはなりませんが、重篤な内臓疾患の場合もございます。

あまりにも腹痛が長く続く、痛みが普通と違って耐え難いなど、違和感がある場合はお早めにご相談ください。
悪心・嘔吐
悪心とはいわゆる吐き気のことです。
吐き気や嘔吐は、ストレス性のものからウィルス・食中毒によるものなど色々なパターンがございますが、
例えば食中毒等の場合、早めに対処を行わないと大幅に長引いたり、あるいは悪化したりします。
ウィルス性の場合はさらにそこに感染リスクがあるため、ご家族や職場での感染を防ぐためにも極力早くご来院ください。
逆流性食道炎
最近話題に上りやすい疾患の1つです。
胃液が食道まで逆流することで胸焼けのような感覚や、狭心症と勘違いするような紛らわしい痛みが発生します。

胃液は強い酸のため食道がただれて炎症を起こすことも多いのが特徴です。
ストレスによっても起こりやすく、ストレス社会と呼ばれがちな日本の環境で、患者が急増しています。
各種ウィルス性疾患
ウィルス性の食中毒や胃炎・腸炎全般も消化器科の診療範囲となります。
とくに嘔吐を伴う場合、集団感染などの危険性が一気に跳ね上がります。

疑わしいと感じたときは、清掃物なども慎重に取り扱い、お早めにご来院ください。また、その際は感染を防ぐため事前にご連絡ください。
各種がん
がんは、細胞が変異して悪影響を与えるものを指します。「悪性新生物」という呼び方もされます。
日本人の死因としては1位となっており、誰にでも無関係の病気というわけにはまいりません。


一方で、医療技術の発展により、早期に発見できれば昔より良い治療結果を得られやすいものとなってきました。
反対に進行が進んでいる場合、部位によっては非常に重い治療を強いられる場合もございます。
手遅れになる場合もゼロではありませんので、定期的な診断によって早期発見ができる環境をまずは整えましょう。
診療科目について

内科

一般的な風邪や発熱、頭痛、下痢、悪心、嘔吐などを始めとする諸症状に対応しております。
インフルエンザなどの感染症に罹った場合も まずはご相談ください。
 

消化器科

胃や腸など、消化器全般の症状に対応しております。中には油断ができない病気も存在しますので、軽い腹痛でも違和感があればお早めにご相談することをお薦めいたします。
 

循環器科

心臓や血管など、主に心疾患全般に関する症状に 対応しております。高血圧や不整脈といったものから心筋梗塞などの重い症状の前触れなどもございますため気になる症状はすぐにご相談ください。
ページ
最上部
TOP
PAGE
WEB予約